読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OS X v10.6 Snow LeopardでCUDA開発環境を構築

使用しているMacは
MB403J/A(MacBook 2.4GHz Core 2 Duo/13.3/2G/160G/8xSuperDrive DL/Gigabit/BT/DVI)
にメモリを4Gに拡張したものです。


結論から言うとこちらの記事で紹介されていた方法であっさり構築できました。


が、リンク先の記事のdeviceQueryの実行結果を見ると使用されているMacはどうやらMacBookProのようで、、、、
私のMacは1世代前でオンボードグラフィックのみになっています、、、

Device 0: "Device Emulation (CPU)"
  CUDA Driver Version:                           2.30
  CUDA Runtime Version:                          2.30
  CUDA Capability Major revision number:         9999
  CUDA Capability Minor revision number:         9999
  Total amount of global memory:                 4294967295 bytes
  Number of multiprocessors:                     16
  Number of cores:                               128
  Total amount of constant memory:               65536 bytes
  Total amount of shared memory per block:       16384 bytes
  Total number of registers available per block: 8192
  Warp size:                                     1
  Maximum number of threads per block:           512
  Maximum sizes of each dimension of a block:    512 x 512 x 64
  Maximum sizes of each dimension of a grid:     65535 x 65535 x 1
  Maximum memory pitch:                          262144 bytes
  Texture alignment:                             256 bytes
  Clock rate:                                    1.35 GHz
  Concurrent copy and execution:                 No
  Run time limit on kernels:                     No
  Integrated:                                    Yes
  Support host page-locked memory mapping:       Yes
  Compute mode:                                  Default (multiple host threads can use this device simultaneously)

上記の通りdeviceQueryを実行するとやはりGPUエミュレーションモードになっています。

この場合、リンク先の記事に書かれている方法でmakeをして出力されたサンプルプログラムは実行できません。

./particles 
[CUDA Particles Simulation]

grid: 64 x 64 x 64 = 262144 cells
particles: 32768
cudaSafeCall() Runtime API error in file , line 90 : initialization error.

のようにエラーになります。



こちらの記事のようにmakeのパラメータとしてemu=1を指定してあげます。

make i386=1 x86_64=0 emu=1

すると

/Developer/GPU Computing/C/bin/darwin/emurelease

というディレクトリにエミュレーション用のサンプルプログラムが出力されます。

これで問題なく実行はできるようになります。



が、重くて話にならない、、、、
やっぱりグラボ載せられるサーバ買うしかないか、、、、、